ペット輸送することでペットのストレスを軽減しよう

作業員

商品管理の注意

トラック

物流倉庫の商品管理で注意する事

物流倉庫の仕事内容は徹底した商品の管理です。商品はお客様から預かり、依頼があればその商品を出荷する事がメインですが、商品の管理ミスにより破損する事を避けるために注意する事が必要です。破損は商品を移動する時にリフトや手作業で行いますが落としたり、ぶつけたり、または冷凍商品を適切な温度管理が出来ていない事により溶けてしまうと事もあります。商品の管理は現在では商品の管理してある場所や大型冷蔵庫の温度管理、入庫から出庫の時間管理などすべてパソコンで管理されていますので、すぐに管理状態が分かりますがそれでも商品の破損や出荷ミスが起きてしまうので、管理体制は引き継ぎしながら行う事が必要です。現在倉庫は24時間制のところも増えてきております。そこまで徹底した管理体制を作っているのです。

倉庫で商品管理の知識

物流倉庫の商品管理の知識は転職する方や転職して間もない方にも役に立つと思いますが、物流倉庫は入庫して商品を管理して出庫するのが基本の流れですが、商品を入庫するときはリフトで管理する場所に運ぶ会社によりますが、荷物に番号や記号がありパソコンで管理して出荷するときにスムーズに出来るように管理されています。物流倉庫は24時間体制の所が増えており、スタッフも24時間交代制の所もあり商品管理はパソコンやデーター管理だけではなく、スタッフによる引き継ぎも商品の徹底した管理を行う事がコツだといえます。それから、商品はパレットに載せて管理されてる事が多いので、パレットの大きさとトラックの荷台の長さを覚えておくのがコツです。出荷する時にトラックに商品が乗ってるパレットが何枚乗るかすぐ分かります。基本パレットの大きさは縦1100横1100です。トラックの荷台の長さは基本4トン6200、10トン9600ですがトラックにより違う事もあります。